黒蝶背景透過GIF.gif

© 2015 by PRS Okayama members

受診に関するご案内・お問い合わせ先は岡山大学病院ホームページをご参照ください。

Plastic & Reconstructive Surgery

Okayama University Graduate School of Medicine and Dentistry

岡山大学 形成再建外科学

Foundational Principles

理念

岡山大学形成外科教授 木股敬裕

130年以上の伝統ある岡山大学医学部の中で

我々形成再建外科は2000年に設立した最も新しい科の一つです.

しかし歴史に関わらず

人間には生きていくための夢が必要である様に

病院には勿論,医局にも理念がなければ存続する意味がありません.

我々の医局における理念は次の5つです.

1) 信頼関係に基づく医療

 医療にとって最も重要なことは,患者さんとの信頼関係の構築である.患者さんが最新の医療を求める場合もある.一方求めない場合もある.最適な医療ができない環境のこともある.形成外科医である前に,我々は患者さんの精神面,社会的背景,医療側の環境などを考慮し,信頼関係の基に医療を実施する患者さんの立場に立った‘医師’でなければならない.

 

2) 特色ある形成再建外科的治療の開発

  岡山は,世界で初めて空を飛んだ浮田幸吉や,日本初の庶民の学校を創設した池田光政などのように,独自の世界を作りだす偉人を多く生み出した土地である.我々はこの岡山の土壌を活かし,岡山大学形成外科として独創的な医療の開発を,そして世界へ岡山から発信することを目標にする.

 

3) 真実を求める姿勢

  独創的な医療の開発には何が重要か.良い医療の開発に結びつく糸口は,どこにでも転がっている.特に,術後経過が思わしくない症例には,数多くの‘種’が埋まっている.その種から,太い根・茎を,緑濃い枝・葉を,華麗な花を,そして芳醇な果実を実らせるためには,常に患者さんの所に通う姿勢と,真実を見ようとする熱意が大事である.

 

4) 個を活かす 個を結ぶ

  組織には,高低はあるが二つの壁,縦の壁(上下関係),横の壁(他科との関係や同僚など)がある.これを重視すると,個人の個性が埋もれてしまう.常に,自分のブランドを作ることが大事であり,時にははみ出しても良い.それぞれの個性を活かし,個性を良い医療に結びつけることにより,変幻自在の大きな力を医局は生み出すことができる.

 

5) 和を大切にする心

  すでに掲げた理念を基本に‘心の和’を作ることが大切である.一人で手術ができる訳でなく,ましては良い医療ができるはずがない.医局内のみならず,他科,看護師,コメディカルスタッフとの‘和’を尊重することは,非常に大切である.